Challengers' Univesity 大阪国際大学

インバウンド地域創生プロジェクト WOW! 動き出せ、ジブンインバウンド地域創生プロジェクト WOW! 動き出せ、ジブン

CONCEPTCONCEPT

地域のWOW!な魅力を、
外国人旅行客に
もっと知ってもらおう。

関西国際空港(KIX)を
訪れる外国人旅行客に対して
ボランティア活動を行なっているOIU/OIC学生。
外国人旅行客と誰よりも
近い接点を持っている彼ら彼女らが、
日本のローカルに眠るビックリな魅力を発見し、
伝えていくプロジェクトです。
旅行客にとっても、学生にとっても、
ワクワクするような取り組みとして、
「WOW(ワオ)!プロジェクト」、
略して「ワオプロ」とネーミングしています。
さぁみんなで、世界を驚かせましょう!

外国人旅行客 LOCAL

for GOOD, for JAPAN

MISSIONMISSION

 

KIXでインバウンド旅行客をアシストせよ。

<AKV>で、外国人とリアルな
コミュニケーション、サポートを実施。

OIU/OICでは、学生が身に付けた知識や語学力を活かして、関西国際空港(KIX)を利用する海外からの旅行客をアシストするボランティア活動「Assisting at KIX as a Volunteer」<=略称:AKV>を2015年10月より実施しています。

この活動は、アジアを中心に急増する海外からの観光客をおもてなしするのが狙い。その活動が話題になりメディアでも取り上げられるほどです。2015年12月にはJR西日本とも協力。学生たちの活動の輪が広がっています。

仲間と協力しながら、実践的で役に立つ語学力はもちろん、異文化理解も深まります。

MOVIE MOVIE

Episode0 AKV活動記録 「終わりと始まりの日」

海外のお客様の「ありがとう」が嬉しくて。
言葉が伝わらなかった苦い経験が悔しくて。

それぞれの想いを抱えて、AKVの活動に参加するOIU/OICの学生たち。
活動参加が60回を超えるベテランに、この日が初めての新人。
活動キャリアも、年齢も、出身国も違うメンバーが、外国人旅行客にできる
自分たちなりの「おもてなし」を届けます。

そしてこの日は、AKVを引っ張ってきたリーダーの最後の活動日。
背中を追いかけ続けた頼もしい先輩が、AKVを卒業していきます。

先輩が築き上げた最高のチーム。でも、次のAKVは私たちのものだから。
新しい時代の始まりの1日に、密着しました。

MEMBERMEMBER

グローバルビジネス学部 グローバルビジネス学科
サブリーダー 酒井 健吾
すぐ聞けるから
英語が身につきやすい

関空の改札のところで案内のサポートをしていますが、地方出身で地元の駅には自動改札も無かったので路線を覚えるだけで一苦労でした。もちろん英語を聞き取ることにもなかなか慣れず、最初は苦戦した思い出のほうが多い気がします(笑)。でも回数を重ねるごとに聞き取れるようになり、最初の頃と比べると格段にリスニング能力は向上。どうしても聞き取れないときは他のメンバーにヘルプをしてもらいますが、その後に「何て言ってたの?」と必ず聞く。分からなかった部分のフィードバックが即座にもらえるので英語が身になるスピードはすごく早いと思いますし、この活動の魅力的なところですね。

続きを読む

人助け+国際的=AKV

高校生までは部活動でフェンシングに打ち込んできましたが、人のためになることとインターナショナルな活動に興味があり、AKVへの参加を決意。日本以外でも人助けをできればと思い、ちゃんとした教育が受けられていない子どもたちのためのボランティアとしてフィリピン研修にも行きました。AKVに何度か参加した後に行ったので、対話力の向上も実感できましたね。いきなり行っていたら言葉に戸惑った部分があったと思うので参加していて良かったです。英語が飛び交う環境を体験できて誰かの助けになるこの活動は、自分にすごく向いていると思います。

もっとみんなに
応援される活動へ

自分の性格的に、前に立って周りをグイグイ引っ張っていくよりも、先導する人をサポートするほうが好きですし、得意でもあると思います。だからサブリーダーという役目はすごく性に合っているのかも(笑)。とにかく、この活動は人の役に立てる実感が得られるのがすごく楽しい。「いい活動だね」「頑張ってね」と声を掛けてもらえることもあります。
そういえば、先日AKVがネットのニュースでも取り上げられたんです。学内では、友だちや周りの人も認識してくれていますが、もっと活動の範囲を広げて、ファンの多いプロジェクトになればと考えています。

閉じる

ライフデザイン総合学科 栄養士コース
阿比留 ともみ
短大、栄養士コースでも
参加できる

私は短期大学部で栄養士コースを選択していますが、海外が好きな母や留学していた兄の影響で、小さな頃から語学が好きで、海外で働きたいという夢があります。でも、語学だけじゃなくプラスαでスキルを身に着けたいと思って、興味があった食べ物や栄養支援のためのコースを選びました。もし栄養士だけを目指すための専門学校なら、英語を実践的に勉強できる環境にはめぐりあっていないと思うので、栄養士の勉強と語学力が身に付けられる今の環境はとても恵まれていると思います。

続きを読む

AKVで広がった学内の輪

グローバルビジネス学部などの人が多く、私のように栄養士コースから参加している学生はごくわずかなのですが、学部や学科の垣根は全くなく、一緒にご飯を食べたりキャンパスで会ったら挨拶をしたり、友だちの輪も広がりました。先輩もみんな話しかけやすい方ばかりなので、分からないことがあれば、すぐ聞くようにしています。新入生も増えて参加者が多くなっているので、賑やかで楽しいですね。

ジャケットを羽織ると
スイッチON

実際に活動をしてみると英語はもちろん、中国語や韓国語で話しかけられることもすごく多いです。AKVの中にも中国・韓国からの留学生の子がいるので、分からないときは「どう言えばいいの?」と教えてもらっていて、中国語で「どこに行きたいですか?」「京都、新大阪、天王寺」などは言えるようになりました。
言語の幅を広げてきちんとコミュニケーションできるようになりたい。ボランティアとはいえ、日本に来た海外の人から見れば、このジャケットを着ている私たちは関空で働く職員のひとりに見えているはず。そう考えるとすごく責任感を感じます。兄から「時間は自分でつくるもの」と言われたこともあるので忙しくても月に一度は必ず参加するようにしています。AKVは自分のモチベーションを心の底からアップさせてくれる場所ですね!

閉じる

国際教養学部 国際観光学科
サブリーダー 宮城 美海
英語力・対話力が向上中!

私、空港の雰囲気がとても好きなんです。飛行機、多種多様な言語、そしてこれからここではないどこかへ飛び立っていく人たちの気持ちを考えるとわくわくします。一番好きなのは地元・沖縄の那覇空港です。小さい頃に海外で暮らした経験や父が英語の教師をしていた影響もあり、もともと英語は好きでしたが、参加したての頃は案内もたどたどしかったですね。文法もあまり意識していなかったですし、「乗り換えなしでいけます」「ここで乗り継ぎます」など、独特な言い回しもマスター出来ていませんでした。今では対話力も格段に上がりました。中国や韓国からの留学生もAKVに参加しているので、今は中国語・韓国語を教えてもらっているところです。

続きを読む

案内だけじゃない
コミュニケーションを

当初はこちらが言いたいことを伝えてきちんと案内することで精一杯で焦っていましたが、慣れてきて気持ちにゆとりが生まれると、海外の方が色々こちらに興味を持ってくれていることに気づけるようになりました。「頑張ってね」と声を掛けてくれる方や、急いでいるはずなのにこちらを振り返って「ありがとう」と言ってくれる方、自分の国のお菓子をくれた方もいました。ガイドという役割をきちんとこなすことはもちろん大事ですが、それ以外のコミュニケーションも大切にしたいですね。

AKVは将来の夢に
つながっている

空港が好きなので、将来はやはり航空関連の仕事に就きたいと思っていて、今もエアラインスクールに通っています。そこに来ている人たちはみんな意識が高くてとても刺激的。AKVでももっと英語の基礎力を上げつつ、英語以外の言語の幅も広げたいなと思っていて、勉強会をしたり、ご飯を食べながら交流を深めたりしています。みんなで一緒に楽しみながら、言語の学びをどんどん深められることが、やっぱりこの活動の良いところ!将来は世界の色々な空港をこの目で見てみたいですね!

閉じる

国際教養学部 国際観光学科
平岡 有沙
「Challengers' University」
の名の下に

英語を習い始めた頃は、とても苦手意識があって正直嫌いでした。でも、「一度きちんと向き合ってみよう」と思って真剣に取り組んだら意外とできたんです。苦手意識がなくなったことで「もっとできるようになりたい」という気持ちが芽生えました。AKVへの参加も、そういったチャレンジの気持ちからですね。今まではやる前に「できないかも」と決めつけて挑戦すらしないことも多かったのですが、せっかく大学生になるんだし少し自分を変えたいなと。大学に入ってからは、「とりあえず一回やってみよう」と自分に言い聞かせるようにしています。この大学は、学生がチャレンジすることをサポートしてやる気にさせてくれるところが好きです。

続きを読む

楽しさが活動の原動力

AKVは本当に楽しくて時間が過ぎるのはあっという間ですし、活動中はあまり疲れも感じません。最初はやり取りがスムーズにいかないことや、英語を話せない方の対応など、不安に感じることもありましたが、10回以上参加していると大分慣れてきました。関空と接続する駅の券売機で案内をしているのですが、今では片方でヨーロッパの方を案内し切符を買ってもらっている間に別の中国人の方の対応をすることも。聞き取る英語の質が全然違っても聞き取ることができるようになったのは、この活動を続けたおかげですね。

オリジナルの「関西
ガイドマップ」を作りたい

まだ海外に行ったことがなくて、旅行でも留学でもいいので早く行ってみたいなと思っています。関空まではAKVでよく来てるんですけどね(笑)。海外の方と話せば話すほど、行ってみたいという欲求は高まっていて、どれくらい自分の英語力が通用するのか楽しみ。私が大阪出身ということもあり、いつか関西を案内するためのマップを作りたいなと思っています。それを見ながら旅をしてもらって、日本のことを好きになってくれたら最高ですね。

閉じる