NEWS

新着情報

...

『おとなインターン』
OIU学生 橘彩紗 × 一般社団法人あがり症克服協会/株式会社スピーチ塾 鳥谷朝代さん

oiu_logo.jpg

01 なぜ、鳥谷さん会いたかったのか? ▷▷▷

02 この仕事やりがいとはなんですか? ▷▷

03 楽しく働くために必要なことはなんですか? ▷▷

04 面白いおとなとはどんな人ですか? ▷▷

05 取材を終えて ▷▷


☆01 なぜ、さんに鳥谷会いたかったのか?  

_MG_2419.jpg

私は、人見知りで、初めてのことや人前で発表するのが苦手で、どのように克服したらいいのか調べていたところ、昔は、あがり症でしたが、今ではそれを仕事として働いている鳥谷さんの存在を知りました。苦手だったことを仕事として働いていることに尊敬しお会いしたいと思いました。


02 この仕事やりがいとはなんですか? ▷▷▷

_MG_2342.jpg

鳥谷さんは、中学の本読みで緊張から手が震え、声が出なくなってしまったことをきっかけに、あがり症を自覚されました。仮病などのあらゆる方法を使って人前で話すことを避けるほど、症状は重度だったそうです。

話し方教室に通うことであがり症を克服し、人前から逃げずに取り組む喜びを得られました。それが大きな自信になったとおっしゃっていました。

自分みたいな症状で悩んでいる人たちに「あがり症は克服できるものだ」と知ってもらいたい。今できることは、同じ症状で苦しんでいる人たちを助けることと考え、勤めていた市役所を辞め、今の仕事を始められました。

たくさんの受講生徒さんが、あがり症を克服して面接や仕事の場で成功した報告を聞いたり、人前で堂々と話せている姿を見るのが、なによりのやりがいだそうです。


03 楽しく働くために必要なことはなんですか? ▷▷▷

_MG_2563.jpg

鳥谷さんが考える、楽しく働くために必要なことは、やりがいや達成感を心から感じられることです。

今の活動は、やりがいや楽しさしかない。辛い・嫌だと思ったことがなく、どれだけでも働きたいと思えると自信を持っておっしゃっていました。中でも、生徒さんがあがり症を克服した姿を見ることが、一番のやりがいだそうです。鳥谷さん自身が元あがり症、元生徒だったからこそ、生徒さんたちの気持ちが十分にわかり、自分のことのように達成感を感じられるのだと思います。

前職では感じられなかったやりがいを、なぜ今の活動では感じることができるのかを聞いてみると、前職はやりがいを条件面に求めてしまっていたけれど、今はやりたいからやっている、そこが大きな違いだそうです。比較すると不安定な仕事だけど、迷いや後悔は全くなく、心から楽しんで働いていらっしゃるのだなと、とても伝わりました。

ただ、やりたいことはすぐに見つかるわけではなく、鳥谷さんも10-20代では見つからなかった今の仕事に、30代になってから出会うことができました。色々な経験を経て、やってみたからこそわかる楽しさがあるということを教えて頂きました。


04 面白いおとなとはどんな人ですか? ▷▷▷

_MG_2464.jpg

鳥谷さんが考える面白いおとなは、周りに流されない、ぶれない人です。

あがり症克服の講師として働くため市役所を辞める際、働いている人からは「なぜ安定している仕事を辞めるの?」と、不思議がられたそうです。また、協会の名前を決める時も、悩んでいる人が口に出したくない「あがり症」という言葉を協会名にすることに強く反対があったそうです。

しかし、鳥谷さんは周りに流されず、自分の想いを強く持って突き進み、やりたいようにやってきたとおっしゃっていました。今では7万人以上のあがり症の人を克服へ導く協会になっています。自分は面白いおとなではないと、ご自身ではおっしゃっていましたが、その行動力や考え方がとても素敵だと感じました。


05 取材を終えて ▷▷▷

_MG_2511.jpg

鳥谷さんとお会いして、インタビューだけではなく、講座も受けさせていただき、とても良い経験ができました。講座ではストレッチや腹式呼吸の大切さなどを教えていただきました。体験してわかったことがあり学べたので、これからの機会に活かしていきたいと思います。

インタビューでは、過去のあがり症の詳しいお話や克服してからのことなど、今までの経験をお聞きして、あがり症は克服できるものだとよく分かりました。

私はすぐ緊張し、人前で堂々と話すことが苦手でしたが、鳥谷さんのお話や、講座を受けて、これからのことが楽しみになり頑張ろうと思いました。

鳥谷さんの今の活動は「楽しいしかない、やりがいしかない」と、とても自信を持っておっしゃっていたことが印象的で、あらためて尊敬しました。苦手を克服したからこそわかる達成感が大事なことも知ることができたので、私もその達成感を味わえるようにこれからの活動にチャレンジしていきたいと思います。

また、鳥谷さんは昔、接客業のアルバイトをしていて、今でもその経験を活かして活動ができているとおっしゃっていたので、私も今やっている接客業のアルバイトでコミュニケーション力を高め、たくさんのことを経験したいと思います。

インタビュー前は、緊張して不安しかなかったですが、鳥谷さんとお話しして、少しずつ緊張がとけていき、楽しくインタビューができました。

おとなインターンに参加して、貴重な経験がたくさんできました。ありがとうございました。



グローバルビジネス学科 3年次生 橘彩紗

 

楽しく働く憧れのおとなに会いに行く

▽おとなインターン スペシャルサイト

https://oiuvoice.com/otona_intern/


新着情報一覧

お知らせ18.11.30 Fri